高校中退してもネガティブにならない

高校中退してしまって、自分自身、自分の将来に絶望してしまって考えがどんどんネガティブになってしまう人は多いと思います。
成績不振に陥ってしまってそれにより居場所がなくなってしまったと感じた人。人間関係が悪化してしまった人。イジメを受けた人。教室の雰囲気になじめなかったという人もいるでしょう。
または家庭の事情、けがというのもあるかもしれません。
そういった理由で高校中退してしまって、自分自身、自分の将来に絶望してしまって考えがどんどんネガティブになってしまう人は多いと思います。
そんなときネガティブになってしまうのはよくありません。現在の状況を打破するためにはポジティブにならなければいけません。


高校中退という引け目を感じてはいけない

高校中退してしまったという親、世間への引け目で卑屈になってしまうのはよくありません。
ポジティブに現在の状況を悲観しすぎず、現在より状況がよりよくなるように第一歩を踏み出すのが大切です。高認試験に向けて勉強するのもよし、アルバイトしてお金を稼ぐのもよし。一番よくないのは何もしないことです。時間を無駄にしてしまうのが一番恐ろしいことです。ささいなことでいいので何か一つ活動を始めてみませんか。

This entry was posted in 高校中退. Bookmark the permalink.

Comments are closed.